モチベーション

夜間にビジネススクールに通う

管理栄養士の原です。

モチベーションには、理論があります。

モチベ上げろ!なんて

大和魂を叫ぶのはとても時代遅れです。

ある程度の直感は必要ですが

かなりスキルに長けた方でない限り

直感が成功となりその成功が長続きする

ことは少ないです。

できないのであれば

理論、学びです。

歴史の順に解説します。

①ニーズ理論

マズローの5段階欲求のように

欲求、ニーズによってモチベーションが高まる

②職務特性理論

内発的動機付けを重視。

高める方法は5つある(省略)

③期待理論

人の動機は期待、誘意性、手段性の3つに影響を受ける

④ゴール設定理論

より困難でチャレンジングなゴールを設定するほどモチベは上がる

適切なフィードバックがあるときにより高まる

⑤社会認知理論

自己効力感を重視

自己効力感に影響を与えるのは4つ(省略)

⑥ソーシャルモチベーション(最も注目されている内容)

他人視点のモチベーション

モチベーションが発揮されるには

組織がどのような状況なのかも大切です。

どのようなリーダーシップを発揮して

どのような組織風土なのか。

全てが相互作用して

組織のモチベーションは高まります。

詳細は

早稲田大学教授 入山先生の

世界標準の経営理論をご参照ください