今日は真面目に…

こんにちは🙌渡邉です🦍

今日はつくねちゃんの成長日記…ではなく、たまには真面目なブログを書こうかと…😂
てことで、今回は『姿勢』についてです。

姿勢は人の第一印象を決める要素のひとつです。どんなときでも、背筋がピンと伸びた姿勢が男女問わず理想的でカッコいいですよね?


一方、悪い姿勢は単純にカッコ悪く見えるだけではなく、腰痛や肩凝りの原因になったり、背中を通る神経が背骨の歪みで圧迫されてしまい、自律神経が乱れたり血流やリンパの流れが悪くなったりと、身体に悪い事ばかり起きてしまいます…

あなたはどの姿勢?良い?悪い?

姿勢にはさまざまなタイプがあります。あなたの姿勢はどれですか?

姿勢にも様々な姿勢があり、一見姿勢が悪く見えても、背中が丸くなっていない方はなかなかん多くいらっしゃいます。
こういう方は、肩から首が丸くなっていたり、腰が反っているせいで姿勢が悪く見えているパターンが多いです。


また、背中は丸くなっていない人が、背中を伸ばす姿勢改善方法をする事には効果をさほど望めません。
なので、悪い姿勢を直したいと思い改善する方法を行うためには、自分自身の悪い姿勢の分類やその特徴を知る必要があります。

大きくタイプ分けすると3つで、

①  背骨の歪み

②  猫背

③  反り腰

上記の様な3つのパターンになります。

どちらかの肩が下がっているか、背骨が左右どちらかに傾いている状態が「背骨の歪み」
頭が前に出て、背中が丸まっており骨盤が後傾している状態が「猫背」
お腹が出ており、骨盤が過度に前傾し腰が反ってしまっている状態が「反り腰」

これらの姿勢をずっと続けていることでカラダへの負担を少しずつ少しずつかけている状態になります。

セルフチェック方法

かかと、後頭部、おしり、肩甲骨を壁に付けた状態で顎を引いてまっすぐ立ちます。
この状態で腰の後ろに手を入れてみて、腰と壁の隙間を調べて下さい。
これは骨盤の位置が正しい位置にあるか判断するセルフチェック方法になります。


隙間が手のひら2枚分以上開いている場合は骨盤が倒れてしまっていて、反り腰タイプになります。
また、後頭部が壁につかない、もしくはつきにくい方は猫背やストレートネックの可能性が高いです。

自分ではわかりにくい姿勢を客観視して見る事で、体に起こっているエラーをなるべく早く発見し、エラーを正してトレーニングするとより効果の高いトレーニングができます。
むしろ、最初に姿勢を正してアライメントを調整しないと、トレーニング効果も半減してしまいます…😭

何をするにも姿勢が大事!まずは自分の姿勢を知りましょう😉
当ジムのインスタグラムに姿勢のビフォーアフターも掲載してます☺️

ぜひご覧ください😆

正しい姿勢はかっこいいね!