冷凍野菜のメリット

管理栄養士はらちゃんです🔆

野菜を買うと腐らせるから買いたくない。

そんな方に朗報です。

「冷凍野菜は1年たってもビタミンの損失が少ない」

コンビニ、スーパーに陳列する冷凍野菜は

1年間冷凍庫で保存してもビタミンが

ほぼ一定です。

この栄養素を保つには野菜を冷凍する過程で行う処理(ブランチング)が不可欠です。ご家庭で単純に野菜を冷凍しても同じことは起こらないのでご注意下さい。

ブランチングは高い温度に数秒〜2〜3分置く処理です。缶詰にもしてある処理です。

この処理によって
・酵素が不活性化し、変色や劣化を防止
・水分が飛んで、解凍時のドリップを防ぐ
・野菜に付着している微生物が死滅

ブランチングと適切な冷凍温度で保管された野菜は非常に高い栄養価で保存されます。

ついつい腐らせてしまう葉物野菜はぜひ冷凍をご活用下さい!

ひとり暮らしの方には特におすすめです。

腐らせ経験豊富な私は、胸を張って冷凍野菜を推奨します!

時間がない朝でもインスタントの味噌汁に冷凍ほうれん草を入れると簡単に野菜が食べれますよ〜♪栄養は常に食材から、噛んで食べることが長寿の秘訣です★

参考書籍 女子栄養大学 栄養のなるほど実験室