加工肉の是非を問う

管理栄養士はらちゃんです。

本日は加工肉について考えます。

加工

ってついただけで
身体に良くないってイメージ湧きますよね。

加工肉って本当に身体に悪いのでしょうか?

私は、加工肉を日常的に摂取する

=お酒をよく飲む、野菜が少ない、糖質・脂質が多い

など別の要因と相関があるように感じます。

加工肉を選ぶ方の

食生活そのものに問題がある

ということです。

だから加工肉を一括りにして

食べたらだめ

というのは勿体無いです。

命を失った動物に失礼です。

ウインナーは

朝食で食材が準備できない時の
貴重なタンパク質源になります。

サラミは

美味しい酒のつまみになります。

どんなん食材でも
食べすぎると健康被害が出ます。

量の概念を無視して、

この食材はだめ

と決めつけるのは

人生損だと私は思います。

食品添加物を気にしていたら

何も食べれません。

完全無添加にこだわりすぎて

自分の負担になるくらいなら

最新技術で生まれた食品の力に頼るのは

選択肢の一つとして

もっていてもよいのではないでしょうか。