太らない糖質の食べ方

こんにちは!管理栄養士はらちゃんです🌸

糖質シリーズ投稿もいよいよ
実践編となりました。

今日は、今すぐできる
糖質の上手な食べ方です🍙

  1. ご飯は必ず量る
  2. 主菜、副菜と交互に食べる
  3. スイーツを食べたら主食を減らす

  • ご飯は必ず量る

ご飯は、食事の中で1番割合を占めます。

そのため、エネルギーが多くなります。(カロリー)

おかずに合わせて食べてしまうと

食べすぎてしまい、糖質過剰摂取になりがちです。

必ず量り、自分にとって適切な量を

感覚的に覚えるようにしましょう。

  • 主菜、副菜と交互に食べる

(ご飯=主食)

お腹が空いている時に

バタバタ主食を口に運ぶと

血糖値の急上昇、糖質過剰摂取

に繋がります。

主菜、副菜のおかずを交互に食べると

唾液の分泌増加
咀嚼回数の増加
食事に時間をかける

などの理由で満腹感に繋がり

主食の食べ過ぎを防げます。

  • スイーツを食べたら主食を減らす

スイーツは糖質が含まれるものが多いので

主食と似たようなカウントをします。

お出かけや、週末にスイーツを食べたら

夕食の主食を抜いて1日の糖質量を調整しましょう。

しかし、大切なのはここからです。

スイーツには糖質、脂質ばかりが含まれているため

主食を抜いても、エネルギー過剰になります。

さらにスイーツには

身体に必要なビタミンやミネラル、食物繊維が

ほとんど含まれていません。

スイーツは適度に楽しく取り入れましょう。

本日は実践編でした。
次回は追及編!

適切なご飯の量

についてお伝えします。