太らない間食とは

こんにちは!管理栄養士はらちゃんです。

間食って聞くと何をイメージしますか?

砂糖、甘いもの、お菓子・・・

今日お伝えする間食とは軽い食事です。(軽食)

昼食後4時間、夕食前4時間が間食のベストタイミングです。

12時に昼食をとって、20時に夕食を取る場合、16時ごろに間食を食べてください。

間食としておすすめなのは

フルーツ
乳製品
ナッツ(20粒まで)

お菓子がいいなら
和菓子より脂質が入った洋菓子200kcal以下

トレーニング業界にいると和菓子をすごく食べる方が多いです。

脂質が少ないからでしょう。(なぜ脂質を避ける?)

しかしここで言う間食は血糖値がダダ下がりしている状態で食べる軽食です。

糖質の塊を急に入れると血糖値が急上昇し、
パフォーマンス低下、眠気、ぼーっとするなど仕事や日常生活に支障が出ます。

それだけではなく、太りやすい身体になります。

血糖値といえば「インスリン」がよく登場します。

悪者扱いされます。しかし、それは違います。

インスリンは人間が生き延びるためにご先祖さまの身体で素晴らしい働きをしてきたのです。現代の食事によって悪い働きが目立っているだけであって、良い効果もたくさんあります(筋肉合成とか)もっと視野を広げて欲しいです♪

和菓子を食べるなら牛乳、チーズ、などを食べてからがおすすめです。

血糖値の急上昇にはお気をつけください★