日本のKY文化

管理栄養士の原ちゃんです★

大学院の授業で紹介された書籍を読んでいます。

ボスだけを見る欧米人 みんなの顔まで見る日本人

文化心理学

に惹かれて即購入しました。

ガバナンスの授業に文化心理学が出てくるのは

個人的に非常にわくわくします。

間違え探しを欧米人と日本人でした際に

背景を見るのが日本人
目立っているものを見るのが欧米人

という研究結果がありました。

それは幼少期からの環境が影響していて

日本人特有だそうです。

どこの国にもKYはありますが

日本には特に顕著です。

それを良しとされてきた時代背景があった頃は

日本は急速な進歩を成し遂げました。

しかし時代は変わり

変革を求められる現代は

デメリットとして捉えられます。

日本企業に必要なのは

相手を断ち切る力です。

文化心理学の観点からすると

日本人にとってそのスキルは

難しいことなんだろうなと思いました。

皆さんは選択を迫られた時に

相手の背景やこれまでの実績を置いて、

断ち切るべき時に断ち切る勇気を持てますか?