栄養情報の過剰表現01

こんにちは管理栄養士のはらちゃんです!

私が食事サポートする方は

痩せたい

健康になりたい

ちゃんとした食事を知りたい

様々な悩みをお持ちです。

悩みを抱えた時に、

まず皆さんはネットで検索します。

しかしそのネットの情報は

正しいことを言いつつ、

過剰表現が多いです。

例えば

レタスにはビタミンCが含まれています!
美肌効果!

よく見ますよね。

これはレタス何gあたりの話をしているのでしょうか。

食材に含まれる栄養素の量は、

食品成分表をもとに考えられています。

文部科学省HPに詳細があります

ここに記載されてある栄養素の量は、

食品100gあたりの量です。

先程の例は

レタス100gあたりに
ビタミンCが含まれている

ということでしょう。(多分)

では、実際に何g含まれているでしょうか。

レタス100gあたりのビタミンC:5mg

1日に必要なビタミンC:100mg

正直少ないです。

ビタミンCの供給源として

食べるには効率が悪いです。

なぜかというと

レタス100g食べようと思ったら

かなりの量が必要だからです。

生野菜サラダで100g食べようと思ったら

バケツの量が必要です。

ビタミンCがたくさんとりたい時、

私がオススメする食材はこちらです。

ブロッコリー100gあたりのビタミンC:140mg

赤パプリカ100gあたりのビタミンC:170mg

ピーマン100gあたりのビタミンC:76mg

ゴールデンキウイ100gあたりのビタミンC:140mg

どの食材もレタスより重量があります。

量を食べやすいので、

効率よくビタミンCが摂れます。

レタス100g食べるより現実的で、簡単です。

このようなカラクリを見落としてしまうのが
ネットです。

栄養素が含まれている!!

って言うほど含まれていないことが多いです。

しかし、どの食材も栄養素があって
素晴らしいのは事実です。

レタスも積極的に食べてくださいね。

ここでお伝えしたいのは

一つの食材に固執してしまうと栄養素がかなり偏り、
落とし穴にはまるということ。

管理栄養士が実践している自己管理術とは

どの食材にどの栄養素が多いどーのこーのは置いといて

スーパーで安売りしている旬の野菜を買う。

いろいろな食材を手に取る、食べる。

これだけです。

私の食事サポートでは、

栄養素を効率よく、

そして何よりも美味しく楽しく

栄養を摂る方法をお伝えしています。

「パプリカが大好きになりました」

「生野菜ではなく調理野菜を食べるようになりました」

「野菜ってこんなに美味しいんですね」

ありがたいことに、

たくさんのお声をいただいています。

最初はできなくても大丈夫です。

どのくらい食べたらいいのかわからなくても大丈夫です。

皆さんそれぞれのスタイルで食生活が出来上がります。

一生共にする食生活、

ぜひより良いものにしてください✨